グラスとワインのこと

日本人の味の楽しみ方について。
私は、香りを感じてから味わうよりは、口に含んだ時、香りを感じることが多いのではないか。
お味噌汁という食文化があるからでしょうか。私はそのように感じています。

以前、トスカーナ郊外のレストランにお連れいただいたとき、現地の方々が、日本では値の張るワインをコップで楽しんでいらっしゃる姿がとても素敵で印象に残りました。
帰国後、リトルクチーナでもコップのようで日本人の味の楽しみ方に沿って使えるワイングラスを探し、使い始めました。

当店でご用意しているワインについて。
ほとんどがbioワイン、自然農法で作られたワインです。
農薬を使わずに育てられたぶどう。手摘みで収穫され、そのぶどうに付着した天然の酵母で発酵し、フィルターも通さずに瓶詰めされたワインたち。生きています。
そのワインたちがワインセラーから出るとき、これからどんな表現をしてくれるのだろう。
抜栓し、お客様のテーブルにお届けし、空気と触れ、おひとりおひとりの手の温度に触れ、どんどん香りや味が変化をしてまいります。

それはとても贅沢な瞬間かもしれません。
その瞬間をお気軽にお愉しみいただきたい。
それが当店の願いでもあります。

  • Archives

  • Categories